f:id:tayutauao:20130914021224j:plain

 

あたらしい日には飛べなくても羽ばたくのが良い。

よぎる

よぎる

すぎる

わらう

わらう

わらえ

たかくなる音

絶え間のないオノマトペ

うすい肌を透かしても

ピントの合わないねむたい世界が

どれほど奇蹟かだなんて、はかれない

 

きのうのわたしは、きのう死んだから。

 

両手にいつも手向ける花を持って。