ジャンプ連載陣で、自分内の現在の「2大暴走作家」と言えば尾田先生と許斐先生なんですが、特にここ数週のテニスの王子様は神懸ってる。

冗談でも皮肉でも何でも無く許斐先生は天才、天賦の才能・センスの持ち主だと思う。
世界にはこういった感覚の持ち主がたくさんいるから、今まで不可能だった色々な事が可能になって来たんじゃなかろうか。

と、本当にそう思ってるんですが、それはそれとして、やっぱり毎週一番笑ってしまうのがテニスの王子様。とにかくスゴいよ!スゴいとしかいいようがないッ!


▽ONE PIECE

青キジ×オルビア派

尾田先生も、このまま暴走してたんじゃ、ちびロビンから逃れられないと悟ったのか、ここでオルビア、そして青キジと興味の分散化を画策。

しかしあきらめきれず2歳のロビンを出すあたりに未練が伺えます。
「びくっ」とか「こくん」とか、絶対ヤバいよ!「歯を食いしばって涙をガマンするちびロビン」は多分尾田先生お気に入りの表現なんだと思います!

そしてオルビアに向かって「旦那の未練なら俺達が・・・」ってセリフがあるとおり(このコマの、オルビアに向かって手を伸ばすちびロビンもイカス!)、ロビン父は調査中に帰らぬ人になった可能性大。

実はこのロビン父を逮捕(もしくは殺害)したのが青キジではないかと予想!(というか妄想)
最初は復讐に燃えていたオルビアだったが、やがて燃え盛る恋の炎。
そうして二人の間に生まれたのがナミだったのです!(やっぱりナミロビン姉妹推奨派)

だってホラ、青キジの本名(?)「クザン」がいきなり出てきたのだって怪しいよ!

「クザン=93」「ナミ=73」

やっぱり!(何が)


▽テニスの王子様

ただ今青学トリップ中

すずさん

WJのワンピにロビンのお母さんが登場しましたね。
やっぱりナミのお母さんを思い出してしまい「母強し」がかぶってしまいますが、どう展開するんでしょう。
テニプリは大笑いして、越前君VS跡部様の煽り合戦を読んでいたら、最後に爆弾が!
「負けたら坊主」って、なんて中学生らしいんでしょう(笑)
きっと跡部様の坊主は大コマで見れると思いますが、相変わらず読めない作者さんです。
アニプリで、既に対戦した二人を、どんな風に描くのか楽しみです。
もうSサイア人化もやっちゃったし、北斗の拳の様に他人の技も使えちゃうし、昔のWJの漫画でやれそうな技ありますかね?(スタンドだったりして!)
いつもアリガトウゴザイマス。

しかしリョーマと跡部の「ハァーッハッハ!」は一体なんだったんでしょうね。

跡部はまぁわかるとしても、リョーマはあんなキャラだっけ。
雲の上にいっちゃった菊丸といい、青学連中は乾が開発した薬でもうってるとしか思えません。

しかしそれ以上に自分が今週、一番ド肝を抜かれたのがコレ。



あ・・・跡部様の股間がしゃべったーッ!

なんでこんなに股間だけをアップにしてるのかわからーん!

「オレ様のビガー(パンツ)によいな!」

「はくのは○ーケイ!」「ムけるよ驚愕!」(最悪だ)


今週は、狂ったリョーマとこのしゃべる股間でしばらく笑いが止まらず。
試合開始前からコレだから、この二人の試合は一体どうなるのか楽しみ。

まさか本気で、こんなに続きが気になる漫画になるとは思わなかったッ・・・!